-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-07 14:41 | カテゴリ:日々のこと
今週の月、火と強引に休みを取って、
奥日光に行って来ました。
日光は、通ったことはあったけど、
泊まったのは今回が初めて。                                          

実は、今回は会社の人にも内緒で行ったの。
でも連休取ったから、旅行に行ったらしいという話は広まっていたらしい。
一人から電話がかかってきて、白状した。
でも、行先は最後まで黙っていたけど。
お土産でバレましたけどね。

さて、当日は休みの日の常で、朝はのんびりして、
それからおもむろに支度をして出かけました。
うちは東武の浅草に近いから、日光は行くのに便利なの。
スぺーシアで1時間半くらいかな、
下今市で乗り換えて、二駅で日光駅到着。
日光駅は思ったよりずっと小さい駅だった。
そこからバスで湯元まで約1時間半、いろは坂も通って行きました。
冬の日光は、緑が少なくて、やっぱり寒かった。
でも、着込んで行ったから、そんなに寒く感じなかったけど。
木や草が好きな私は、自然の中にいるだけで大満足。
葉っぱがない木でも全然構わない。
仕事から離れて、これから二日間のんびりするぞ~!
とわくわくしながら、バスから景色を眺めてた。

旅館があるバス停は、終点だった。
運転手さんに旅館の場所を聞いたら、
「その旅館なら、迎えのバスがそこに来てますよ」って。
ホントだった。
旅館のバスに乗って、2分走ったらもう旅館に着いた。
親切で来てくれたんだろうけど、これって歩いてもいい距離じゃない?
ま、転ばないで旅館に着けたのは良かったけどね。

旅館は、冬だから当然なんだろうけど、
あんまり泊り客はいなかった。
着いたのは5時ちょっと前。
夕食は6時ですと言われてとりあえず部屋へ。
荷物を出して、浴衣に着替えて、
そんなことをしてたらもう6時近い。
食事の部屋に行ったのは6時少し過ぎた。

実は景色とか料理とか、デジカメで撮ったんだけど、
それをどうやってパソコンに取り込むのか
いまだにわからない情けないワタシ。。。
というわけで、今回も写真は撮ったにここにアップ出来ない。
すみません。。。
料理は、山の幸が食べ切れないくらい。
栃木和牛って知らなかったけど、ウリにしてるみたい。
一日目はビーフシチューで、
二日目は陶板焼きで登場した。
あとは、湯葉の刺身とか、岩魚の焼いたのとか、
きのことえびの天ぷらとか、煮ものとか、
デザートは一日目は杏仁豆腐だった。
普段から小食な私は食べきれず、ご飯は残してしまった。
板前さん、ごめんなさい。

それから、お風呂に入りに行った。
泊り客が少ないせいか、お風呂は貸し切りだった。
私が出る頃に一人入って来たけど。
お湯は硫黄の臭いのする本当の温泉だった。
露天風呂もあったけど、寒いのでやめた。
二人いれば入ったかもしれないけどね。
私、ドジなんで、石の上で滑って頭打って、
裸でひっくり返っているのが発見された!
なんてことになったら恥ずかしいとも思ったの。
そんなことはあんまりないだろうけどさ。
湯船に二回くらいつかって、一人だから手足を思いっきり延ばして、
とっても気持が良かったし、部屋に帰ってからも体がホカホカ。
やっぱり温泉はあったまるわ。

部屋に帰って、その日の新聞を読んでいたら、
面白いことを発見。
全国紙の○ミ○リ新聞だったんだけど、
地方版を読んでたら、お葬式の記事がびっしり。
東京は普通有名人しかお悔やみ記事は載らないから、
その数の多さに驚いた。
ひょっとして、70歳以上とか、お年寄り限定かなと思ったら、
50歳の方のもあった。
今日の分、全部載せてるんだ。
へえ、地方紙じゃなくてもそうなんだ。
別に大したことではない、
というか地方に行けば当然のことなのかもしれないけど、
私には軽い驚きだった。

ということで、奥日光の夜は更けて行きました。

つづく―――







         
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/59-7758d2d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。