-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-19 23:07 | カテゴリ:乳癌
病院は午後の予約で、
お昼前に家を出れば良かったので、
ちょっと家のことでもしようかなって思ってた。
でも、結局仕事で打合せが入ってしまい、予定時間を過ぎてしまい、
病院へは焦って行きました。

前に転んでから痛いって言ってた右足、
整形でレントゲン撮って見て貰いました。
結局何ともなかった。
良かったです。
私が診察室に入ると、ボスが、
「どこか変わりはないですか♪」
って歌うように聞くので、私もつい、
「毎日セーター編んでます~♪」
って答えて、二人で大笑い。
「オレにはお前が最後の女~♪」
私が今日の最後の女の患者だそうです。
なるほど、そういうこと、と言いながらまた大笑い。
ここはホントに診察室なのか?

まだ新人ぽい真面目な看護婦さんは、訳が分からずキョトンとした顔。
ボスが説明しても、反応がない。
今までの看護婦さんは、結構話が通じる人だったんだけど。
ここの外来の看護婦さん、何故か交代が激しいの。
一人が半年で変わってしまうこともある。
ボスは名前を覚える気がないようで、
誰に向かっても「看護婦さん」て呼びかけてます。

診察の前に採血をちゃっちゃっと済ませた。
顔見知りのKさんを指名。
一時、手の甲からしか取れなかったのに、
抗癌剤が終わって、血管も復活してきたみたい。
今日は腕から一度でさっと取れた。
「これなら、私じゃなくても大丈夫ですよ、先輩」
Kさんは、何故か私のことを「先輩」と呼ぶ。
「でも、安心なんだよね」
「そんなこと言って、ホントはワタシに会いたいんでしょ」
いや、そんなつもりじゃなくて、
私の血管を良く知ってるからなんだけど。
でも、
「そうなの、図星。Kさん、大好きだもん」
と答えておいた。
Kさんも私も、戸籍上は女。
これって気持ち悪い。。。?

そこから待たされた。
一度、他の先生に間違って診察室に呼ばれた。
「○○さんですよね?」
って、全く違う名前を言われてびっくり。
そこから又しばらく待たされた。
今日はどうも、病院のコンピューターがおかしかったみたい。
帰りの精算も、機械では出来なかった。

待つこと二時間位で、乳腺の主治医に呼ばれた。
早っ!
いつもは三時間は待たされるのに。
今日はサクサク行って嬉しいな。
血液検査の結果もそうだが、
先々週に撮ったCTの結果が待ってる。
何か見つかったら嫌だな。
恐る恐る診察室に入った。
結果は、
前回と変わらず。
良くもなっていないけど、悪くもなっていない。
キャサリンは、やはりちゃんと生息していた。
早く出て行って欲しいけど、悪さをしなければ、まあ、いいか。
その代わり、暴れたら怖いよ!とよーく言っといた。

風邪をひいた話をしたら、咳止めを出しましょうかと聞かれたけど、
近所の医者ので直りそうだからと断った。
何故か、帰りの電車のホームでちょっと咳き込んだ。
さぶかったから、ぶり返した?
やめて欲しい、もう風邪は充分です。
だから、私が言ったのにという、I先生の執念?
まさかね。

そこからまた待って、私は待ちくたびれたので、
バッグを枕に、椅子に横になったら、本当に寝てしまった。
1時間位寝たのかな。
点滴の順番が来たというPHSへの連絡で目が覚めた。
頭が少し朦朧としたまま、点滴の部屋へ。
点滴は針を刺してしまうと、たったの15分で終わる。
寝るヒマもない。
でも、リクライニングで足を上げて、しばし休息。
待合室の椅子よりは楽だった。

終わってから、会社へ急いで行って、仕事をした。
明日は、今度は父親を病院へ連れて行かなくては。
明日の午後は、出来たら休みたいな。
さてと、お風呂に入って寝ます。
お休みなさい。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/42-4975571d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。