-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-30 14:39 | カテゴリ:乳癌
多分一年半位続いていた味覚障害。
特に砂糖やみりんを使う和食は甘くて甘くて、
本当は煮ものとか好きなのに、おいしいって頭ではわかっているのに、
どうしても舌が受け付けなかった。
うなぎのかば焼きが砂糖の塊に感じられた時は
本当に泣きたかった。

それが、6月に入院した時、
最初は気づかなかったけど、
病院の食事に出て来る煮ものを試しに一切れ食べたら、
そんなにひどい甘さではなかった。
あれっ、舌が少し治ってきたのかな???
でも、1年以上もずっとそうだとすぐには信じられない。
その時は一切れだけ味見しておわり。

煮ものは頻繁に出て来る。
毎回ではないけど、たまに一切れ口に運ぶ。
不思議、食べられる。
今回は食欲もあまりなかったから、
実験的にちょっと口をつけた程度だった。
でも、酢のものなんかも食べられる。
一番嬉しかったのは海老フライとかイカフライとか、
絶対に甘くないものだったけど。

退院して、落ち着いてから、わたしとしてはすごい実験をした。
勝手に退院祝いと称し、蒲焼を取って食べた。
店で食べる方が絶対おいしいんだけど、
もしやっぱり甘くてだめで残すことになったら、
勿体ないし、お店の人に申し訳ない。
頼んで1時間後、うなぎさんがやってきた。
おそるおそる一口口に運ぶ。
お、おいしい!!!
いつのも蒲焼だ~
嬉しくて嬉しくて、涙はでなかったけど、
でも、心の中ではいろんな感情が入り混じって
何とも表現できない。
感激しながら、一口ずつ大事に食べた。

まだ、完全に治ったかというとビミョウな時もある。
それでも、8割、9割は治ったと思う。
来月はそれで閃いて、ちょっとした集まりを企画。
これはまた終わったら書く予定だけど。

こうして、少しずつでもいろんな悪いところが
治っていったら、とっても嬉しいなあ。

ちょっとしたご報告でした。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/250-18602cda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。