-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-29 11:47 | カテゴリ:乳癌
先週の水曜日は、退院後初めての通院日でした。
マーカーが上がってたら嫌だな、
二、三日前から、通院のことを考えてはドキドキ。
足は以前より長く歩けるようになったけど、
だるさ、痛み、しびれ、そういう不快感は
ずっと続いているし、多分良くなってはいないだろうな。。。

当日は、雨の合間の晴れの日だった。
雨だと余計に歩きにくいから良かった。
私の通っている病院はやたら広い。
個人病院みたいに小さければ楽なんだけど、
受付から採血、乳腺と回るだけでも疲れる。
そこで後は呼ばれるのを待つだけだけど。
今回は、転ぶのが不安で会社の人に付き添いで来てもらった。
水曜日によく会う人に、「弟さん?」と間違えられて、
いえ、あんな老けた弟はいません!
でも、せっかく来てくれたんだから、
そんな風に行っては悪いね。
手で支えるとか、具体的にしてもらわなくても、
いてくれるだけで安心できる。
実の弟も他の身内も当てに出来ないから、
一番身近にいる会社の人を頼りにしてしまう。
気楽に頼みごとができるってありがたい。

二時間位待ってやっと中待ちに呼ばれた。
そこからしばらく経ってやっと診察室へ。
「どうですか?」
と聞かれても、
「あまり変わりはないです」
としか言えない。
「前よりは長く歩けるようになりました」
あとは何を話したかな。
私が一番怖かったのは、
「今のホルモン療法は効かないようだから、
抗がん剤にしましょう」という言葉。
そう言われても、今回はすぐには承諾しないようにしようと決めていた。
何といっても副作用が嫌。
今出てるしびれは、前のドセをやって出てずっと続いているものだし、
他の人の話を聞いていると、吐き気とか嘔吐とか
いろいろ出ている。
私も同じ副作用が出るとは限らないけど、
でも、やっぱり気持ち悪い思いをするのは嫌だ。
一人暮らしだと余計に不安になる。

それに、副作用を我慢しても、100%治るとは言われない。
何割化の人が腫瘍が縮小しました。
それ以外の人は、副作用だけ出て何の効果もない。
それもちょっとねえ。
入院中に、病棟の私の担当の先生に漢方薬のことを聞いてみたら、
恐ろしく拒否反応を示された。
「抗がん剤をやる前ならともかく、抗がん剤をやった人は
たまに変な副作用が出ることがあるのよ。」
私は西洋医学と東洋医学をうまく使って
治らないまでも現状維持ができないかなって思ったんだけど。
かと言って、漢方薬だけにする勇気もない私。
その話はそれで終わってしまった。

横道にそれたけど、薬は結局今までのホルモン療法のまま変わらず。
よかった。
あとで見たら、マーカーは少し上がっていたけど、
私の体調は足以外はそんなに悪くないし、よかった。
その後、またしばらく待ってゾメタの点滴をして帰った。

正直なところ、私一人なら、父が健在でなければ、
治療もやめて痛みだけ取ってもらって楽になりたいと思うこともある。
10年近い治療は、やはりかなり体にこたえtいる。
でも、私が倒れて、弟や義妹に引き取られたら、
父にはかなり悲惨な生活が待っていると思う。
弟たちは父を引き取ると前から言っているけど、
父は弟の家には行きたがらない。
やはり自由にできる自宅が一番いいんだろうし、
ここなら、近所の人や知り合いがのぞいてくれるし、
会社の人もいてくれる。
弟の家に行ったら、そんな自由はないし、
外へ行けばそこは見知らぬ世界だからね。

だから、父の体がある程度弱くなって私が面倒見られなくなるまで、
私はこの仕事をやめられないし、倒れるわけにもいかない。
別に親孝行でもなんでもなくて、親を捨てられないだけ。
不器用な生き方しかできなかった人だけど、
親として一生懸命育ててくれたことは
今になると余計にわかってきたから。
それに、私も仕事がしたい。
前よりは時間を減らすつもりだけど、
職場にも週に2,3度は顔を出したい。

病気を治すというのではなく、体の調子を整える、
みたいな目的で鍼灸とか蒟蒻で体を温めるとか
少しずつ始めてみた。
それから、眠いからだけど、睡眠時間はまえよりずっと長い。
早い時は8時頃に寝てしまう。
朝も以前に比べればかなり早起きだし。
鍼灸は、友達がたまに行っているところがあるというので
紹介してもらおうと思ったら、
思わぬ落とし穴が。。。
今の私の脚力では二階まで上がるのがやっとなのに、
そこのビルはエレベーターなしで、治療室は三階だという。
友達のダンナがおぶってあげようかと言ってくれたけど、
友達のダンナではそこまで頼めない。
足が良くなるまで待つことにしよう。
それにしても、3月に足が痛くなってから、
普通に歩けることのありがたさをしみじみ感じている。
走れなくてもいいから、普通に杖なしで歩けたらどんなにいいだろう。
自分が病気にならないとわからないなんて、情けないなあ。

良さそうなことはいろいろ試してみて、
少しでも体調がよくなるようにしたい。
体を労わることを遅すぎるけど、やっと考えはじめた。
がんと仲良く?付き合って行ければいいな。
だから、これ以上いじめないでね。
お願いだよ。

追伸  病院の中をあちこち歩き回ったせいか、二日後左足に筋肉痛が出た。
トシだねえ。。。

毎度のことながら、長々としつれいしました。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/242-3715ae12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。