-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-24 01:00 | カテゴリ:お楽しみ
今月は、私にしては珍しくよく出かけてます。
今週の火曜日は、さ○ま○しのコンサートへ行ってきた。
8月の終わりころだったか、たまたまコンサート情報を見ていたら、
まだ、少し空きがあった。
火曜日だ。
この日なら行けそうだ。
やめてしまった厚生年金会館の方がうちからは近いけど、
ここだと大抵週末の金曜日、
私はまず行けない日。
でも、火曜日なら大丈夫だろう。
もし、忙しくなってしまったら、
誰かにお留守番を頼んじゃおう!
そうだ、そうだ、そうしよう♪♪♪

やはり、ひょっとしたらという予感は当たり、
会社の人に仕事を頼んで、私は早引け。
だって、開演は午後6時からなんだもん。
方向音痴協会のメンバーである私は、
(誰がそんなもん作ったんだといわれても困るけど)
迷子になる確率がとっても高い。
だから、余裕をみて1時間半前に出るつもりが、
出られたのは1時間前。
早く会場に着くべく急ぐワタシ。
そういう時に限って、携帯に電話が入る。
それも仕事のお客さんからの電話とか、
翌日の打ち合わせの電話とか、無視するわけにもいかず、
電話に出て話す。
あちこちで足を止めて話していたら、
だんだん時間がなくなってきた。
これは急がなくては。

地下鉄に乗り、一度乗換え、無事に最寄駅に到着。
あと、15分しかない。
事前に場所を調べたら、最寄駅から徒歩8分。
よし、とにかく急ごう。
地図を再確認して、早足で歩く。
約10分後、会場に到着。
もう席についてる人が多くて、
何とか自分の席を見つけて
「すみません」を繰り返しながら、やっと席に座れた。
はあ~、やれやれ。
すぐにブザーがなり、それからアナウンスが流れる。
上演中は飲食は禁止だって。
お腹空いてるんだけど。。。
お茶も飲んじゃいけないのかな。
でも、飲むとトイレ行きたくなるし、なるべく我慢しよう。

そんなことを考えていたら、幕が開きまっさん登場!
まず、続けて二曲歌う。
この二曲が私の大好きな歌。
一曲目が「主人公」で、二曲目が。。。ちょっと度忘れ、
でもこれも大好きな歌。
そして、まっさんのあいさつ。
始まっても、結構遅れた人が入ってくる。
「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ。まだ大丈夫ですよ。
たった二曲が終わったとこですから」
場末の何かのように最初から笑わせてくれる。

それからトーク。
まっさんファンは、私も含めて、このトークが目当てで
来てる人が多い。
もちろん、生で聞く歌は最高なんだけど、
歌だけではつまらない。
やっぱりトークがもれなくついて来なくちゃ。
今回も局の合間に、いや、トークの合間に歌を歌ったのか、
笑わせてくれたり、ちょっとしんみりしたり。。。
去年、まっさんのお父さんが亡くなった。
89歳だったとか。
年に不足はないとはいえ、
親が亡くなるのはいくつになっても悲しいし寂しい。
入院中のこと、臨終は兄弟全員で看取れたこと、
それから今年の夏に、故郷長崎のお盆の行事である、
精霊船を流したことなんかを話してくれた。
そして、そのまま「精霊流し」を歌う。
最初にまっさんが弾くバイオリンの音が切ない。

そんな感動的な話も歌もあったのだけど、
今回一番受けてしまったのは、
「空飛ぶ円盤を見に行くツアー」に行った話だった。
これは、帰りの電車の中で2回位思い出して、
笑いそうになるのを何とかこらえ、
翌朝起きて、一番に思い出して起きる前にまた大笑いしてしまった話。
キーワードは「来てくださ~い」
何のことか、さっぱりわかりませんよね。
ごめんなさい、一人だけで楽しんでいて。
たぶん、私がここに書いても、
まっさんのようには面白く書けないからやめます。
それに、ヒトのネタを取っちゃいけないし。

終わりは、ものすごくパンチのある歌二曲、
そして、これもある意味お約束のアンコール曲。
電気がついて、時計を見たら9時ちょっと前。
約3時間の熱演でした。
ありがとう、まっさん。
楽しかったです。

ほんとは帰りにコンサートのプログラムを買うつもりが、
もうCDしか売っていなかった。
やっぱりもっと早く行くべきだったわ。

さて、方向音痴のワタシ、駅へ急ぐみんなの後を追う。
会場の前にバスが止まっていた。
念の為に行き先を確認したら、「浦安駅」
うちと反対方向だ。
やっぱり歩こう。
実は、この日は午前中も仕事の打ち合わせで出かけていて、
普段はあまり着ないスーツとパンプスで、
パンプスのせいで左足の小指に靴ずれができて痛かった。
歩くとまた痛みがぶり返し、仕方ないから
足を引きずりながら歩いた。
だんだん、皆から離れて行き、
最後、5人組のおじさんの後を一生懸命歩いた。
そのおじさんたち、途中で裏道に入った。
たぶん、近道をしてるんだ。
と思って、後を付いていったら、
な、何と駐車場に入って行く。
えっ
そんな。。。と思ったけど、
おじさんたちが乗せてくれるはずもなし、
乗せてくれても怖いし。
何気ないふりをして表通りまで引き返す。
ああ、足が痛い

みんなが去ってしまった通りは、
まだ9時過ぎなのに、人が通らない。
たまに車が走り去る。
たぶん、こっちの方向だろうと思いつつ、
また間違えたら嫌だから、少し車を見ていた。
たまーに、タクシーが通る。
もちろん、自家用車の方が多い。
良く見ていて、タクシーの空車が走り去る方向が駅だろうと
推測した。
それで、また足をひきずりながら歩く。
しばらく歩くと商店街みたいな明るい光が見えてきた。
たぶん駅前の商店街だろう。
気持ちだけでも、足の痛みが楽になったような。
やっぱりそうだった。
そうとわかったら、急ぐ必要はない。
ゆっくり、あまり痛くないように歩いて、
何とか駅についた。
やれやれ。

これで、もう大丈夫。
さあ、うちへ帰ろう。
と思って、駅の中を歩き始めると、
スーパーに入りそうになった。
そうじゃない!
私が行きたいのは改札口なの。
違う人の流れに入って歩くと、今度は駅の出口に行きそうになる。
なんなんだ、この駅は。
見まわすと、券売機を発見。
たぶん、その隣あたりに改札口があるのだろう、
と思って探してもない。
そんな、ここまできて、電車に乗れないなんて、
ワタシがかわいそう過ぎる。
気持ちを落ち着けて見まわして、やっと改札口を発見。
なんだ、こんなところにあったんだ。
改札を通って、やっとホームへ着いた。
これで、これでやっと帰れる\(~o~)/

少し待って、電車が来た。
乗って坐った時は本当にホッとした。
20分乗って、うちの最寄駅に到着。
お腹が空いた。
うちまでもたない。
あちこちうろうろしたお陰でもう10時だし。
冷凍ご飯もあるかないかビミョーだし。。。
少し歩いて、何故か焼きそばがおいしい、
たまに顔を出すカラオケスナックに行く。
店はお客さんで結構混んでいて、
私はウーロン茶と焼きそばを注文。
カラオケスナックなのに、何をしにきてるんだか。。。
情連さんがいて、話しながらウーロン茶を飲む。
それから出来上がった焼きそばと
サービスで出してくれたおしんこを食べて、
一曲も歌わずに店を出て、帰った。
忙しそうだったし、私は歌いたくて行ったのではないし。
うちへ帰ってお風呂に入って、
やっと人心地がついた。
そして、コンサートのことを思い出しながらニヤニヤ

行きはよいよい、帰りは怖い♪
「通りゃんせ」の歌詞のような晩でしたとさ。

今回も長々と失礼しましたm(__)m
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/204-72833c49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。