-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-18 19:39 | カテゴリ:乳癌
さて、翌日の水曜日、20日は通院日だった。
採血、診察、点滴、その間に緩和ケアと支援センターの診察が入る。
またもや、診察室が1階と2階で、どちらで待機したらいいのか
迷う状況。

採血は、ちょっと時間がかかったけど、無事に終了。
いつものゴッドハンドのお姉さんはすごい!
でも、だんだん採りにくくなってるみたい。
抗がん剤の影響かな。。。
娘さんのこと、気にはなったけど、聞くのはやめた。
毎回会う度に聞くのもどうかと思って。
それから私の仕事の話とか、ちょっとして、
ではまた来月と言って部屋を出た。

次は診察の予約時間、どっちが先に呼ばれるかビミョー。
早い予約時間の方を選んで、1階で待つことにする。
中々呼ばれないなあ。。。
今回は乳腺の方は主治医だから時間がかかるだろう
と思っていた。
ところが、割と早く呼ばれた。
ラッキー♪
いつものように、しずしずと診察室に入り、
(何故か、この主治医の場合は普段うるさい私でも静かに入る)
椅子に座って御託宣を待つ。

嬉しいことに、マーカーがちょっと下がっていた。
一つは基準値内!
やったね。
効いてるんだ、良かった、良かった!(^^)!
どうですかと聞かれ、味覚障害のことを話した。
「浮腫みとか痺れはどうですか?」
「無いと思います」
「ちょっと、足を見ましょうか」
ジーパンを折って足を出す。
ちょっと触って、浮腫みは大丈夫ですね、と。
良かった。
あんまりいろんな副作用に出られては困る。

味覚障害が二週間続くのが少々辛いと言ったら、
「薬が効いているようなので、今の1週間を2週間に間を空けましょう」
ホントに!嬉しいな\(^o^)/
ということで、4週に一度の通院になった。

診察室を出たら直後に、1階の緩和ケアに呼ばれ、
次の通院予定の紙を貰うのを忘れて
あたふたと1階に降りて、小走りに走る。
この先生、少しゆとりをくれると嬉しいんだけど、
中待ちに呼んで、30秒後には診察室に呼ぶんだよね。
2階から行くんだから、そんなに素早くは行けないって!
「どこでもドア」なんてないんだからさ。
でも、お医者の先生をお待たせするのはちょっと気がひけて、
1階の診察室に急ぐ。
私の場合は、まだ緩和ケアに入るとかそういう段階ではないから、
普通に話して、マーカーが下がって良かったとかね、
そんな話をして、次回の診察を入れてもらって終わり。
それから、二階の乳腺に戻り、次回の診察予約の紙を貰って、
急いで点滴の部屋に紙を出しに行く。
「只今の待ち時間、1時間30分」という無情な文字が目に入る。
ま、いいや、このくらいはいつものことだからね。
ここの病院に通っていると、忍耐力がつくのは確かだ。
後は、諦めの境地になれること。

点滴は、1時間位で呼ばれた。
上出来、上出来。
案内されたのは、かなり新し目の椅子のとこ。
他のもリクライニングなのは変わらないけど、
この椅子は、何と高さの調節もできる!
こんなのがあるんだ、へえ~。
看護婦さんと話しながら何気に聞いたら、
乳がん患者が増えていて、通院で点滴の人が多いから、
乳がん患者の分は病院の中でもかなり面積が増えてるらしい。
エコーの部屋も、しばらく前から乳腺専用とそうではない人たち用に
別れた。
つまり、エコーの場所が胸か他の部分か、
という問題なんだけどね。

看護婦さん曰く、「昨日は連休明けでかなり混んでいたんですよ。
ばななさん、今日で良かったですね」
そうか、ハッピーマンデーとやらは、こんなとこにまで影響してるんだ。
針刺しが終わり、前の晩夜中に目が覚めてその後寝られなかった私は、
点滴が始まるなり、目を閉じた。
すぐに眠ってしまったらしい。
少しの間は、隣の人の会話とかが聞こえていたけど、
終わって起こされた時には、誰もいなくなっていた
でも、熟睡出来て、頭はすっきり

これで帰れると思ったけど、まだ支援センターの診察が残ってた。
点滴に早めに呼ばれたから、まだお昼を食べていない。
コンビニでサンドイッチを買っておいたんだけど、
考えたら、明日からはまた味覚がおかしくなる。
今日くらいは、まともなご飯を食べよう。
まだ開いていた病院のレストランに飛び込み、
ちょっと迷った挙句普通にカレーライスを頼む。
あっ、シーフードカレーね。
普通に味わって食べられるのもしばらくお別れか、
なんてちょっと感傷に浸りながら。
正直、この間不安になった。
今のところは、味覚は二週間過ぎると正常に戻るけど、
ひょっとして、このまま抗がん剤を続けて行くt、
そのうち、味覚がおかしくなったままになるのではないか?
そうだとも、そうではないとも、医者も言えないだろうし、
そうなってみないとわからないけど、
でも、いくら命があっても、かなり侘しい生活に思える。
私の舌が元気なうちに、ヤツが消えて欲しい。
お願いですから。

食事を済ませても、支援センターにはまだ呼ばれない。
30分位待って、受付で聞いてみた。
それからしばらく待たされて、やっとお呼びがかかった。
ここでも、まだ深刻な話はない。
どうでもいい無駄話をかなりして、
何かあったら連絡頂戴ね、という言葉を頂き、
やっと本日のノルマ終了。

会計を済ませたら、6時近かった
かもめさんと地下鉄を乗り継ぎ、てくてく帰る。
実はこの日は仕事があったんだけど、
それから会社に行く気力がもうない。
他の人に任せて帰ることにした。

治しに行ってるんだか、疲れに行ってるんだかよくわからない一日が、
無事終了。
はぁ、やっぱり疲れた~

長々と失礼しましたm(__)m
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/202-7de8c5da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。