-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-29 19:29 | カテゴリ:お楽しみ
遅くなりましたが、先週の水曜日の続き。
銀座から向かった、次の行き先は都内の某料亭、
じゃなくて、割烹みたいなとこ。
和食が好きな私はルンルン気分で。
今回は知り合いがご馳走してくれるってことで、
最寄駅で待ち合わせ。
デパートでブラブラし過ぎて、ちょっと遅刻をしてしまった。

最初に御断りしておきますが、
料理の写真がかなりボケております。
カメラのせいではなく、ただただ私の腕が悪すぎのせい。
ごめんなさいm(__)m

さて、席について、飲み物の注文。
私はウーロン茶を頼む。
そこからは、お任せコースで
どんどんお料理が出てきた。

040.jpg
自分でもこの写真を見て、はて何だったけ?
と考えてしまった。
ボケすぎだよね。
これは、あわび塩蒸し 白芋茎ずんだ合え
でした。
一応メニューをもらってきて良かった(^_^;)
白芋というものがあるのか、不明。
鮑はやわらかくておいしかった。


041.jpg
前菜盛り合わせ
牡蠣以外は、ほうずきの中に入っている。

蟹ときゅうりの煮こごり
鱧落とし
揚げとうもろこし
青梅の甘く煮たもの

そして、蒸し牡蠣。
ポン酢がかかっていたと思う
これは前回と違って、生じゃなかったから食べられた。
岩牡蠣なのか、かなり大きかった。


046.jpg
お椀
甘鯛の塩焼きと岩海苔
で、甘鯛の下に胡瓜の輪切りがあった
と思ってたら、今メニューを見たら
胡瓜じゃなくて、蛇の目小メロンだって。
味の違いは分からないわ。
甘鯛も、最初見た時、手前の小さい方は
厚揚げかと思ったし^_^;



047.jpg
お造り
中トロ、鯛かな、それと確か烏賊だった。
お刺身はおいしいね。



049.jpg
これは何かと思ったら、
肉じゃがトマト焼き、鮎を三枚に下ろして、
身と骨を別々に揚げたもの。
葉っぱは、多分「たで」でしょう。
肉じゃがトマトは、うーんだったけど、
鮎の骨の素揚げがおいしかった。
頭まで頂きました。


051.jpg
段々かすみ目になってきた気がする(-_-;)
煮ものです
一番手前が鴨肉、それから知らないけど「石川芋」の煮もの、
賀茂茄子、蛸、上に乗ってた茗荷の千切りがおいしかった。


056.jpg
揚げもの
帆立貝と梅胡麻豆腐 博多東寺揚げ しし唐揚げ
帆立を二つに切って、梅胡麻豆腐を挟んで、
衣をつけて揚げたもの。
東寺揚げというのは、湯葉を砕いて衣にして
揚げたものだそうです。
最初は、単なるフライだと思った。
名前の由来は、何なんでしょうね。。。


059.jpg
ぼんやり見えるのは、酢のもの。
生雲丹酢ゼリーかけ 巻き海老 穴子 パプリカ キウイ 三度マメ
いろいろな物が入ってたなという記憶が。
私は、雲丹が苦手なので、噛まずに飲み込んだ。
残すよりはいいかなと思って。


060.jpg
松茸ごはん

061.jpg
お吸い物 具がなんだったか思い出せない。
写真みてもボケボケだし。


水菓子は、梨と巨峰だったんだけど、
撮るの忘れて食べちゃった。

ご飯は残したけど、ほとんど完食しました。

ご馳走さまでした。


こんなに沢山出るとは思っていなかったけど、
ご馳走になった人が、いわゆる食道楽なので、
一応、お昼はかなり少なめにしておいたのが良かったわ。
出なければ、こんなに沢山食べきれなかった。

いちいち料理の写真を撮るのも、大変。
ブログをやってるの言ってないから、
「こんなご馳走滅多にお目にかかれないから、記念に撮ろうと思いまして」
なんて、苦しい言い訳をしたり。

おいしかったけど、実はちょっと気を遣った食事会でした。
私の口数もいつもの10分の一位だったかな。
「はい」とか「そうですね」とか、
笑うのもおしとやかに 爆

でも、次の日からはやっぱり味覚障害が出たし、
今も続いているけど、
だから、正常な味覚の時においしく食べられて良かった。

店を出て別れてから、近くにあったド○ールでお茶して、
少しほっとしてから帰りましたとさ。

おしまい。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/195-e3df84c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。