-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-04 16:29 | カテゴリ:お楽しみ
昨日は、隣県の知り合いのお宅へ遊びに行ってきた。
一年ぶりくらいかな。
お天気も良くて、お出かけには絶好の日。
朝兼早目のお昼を簡単に食べて出かけようと仕度してたら、
父親から電話がかかった。
出てみると、仕事でトラブル発生らしい。
仕方ないから急いで会社に行く。
お陰で、ハンカチと電車の中で読むつもりの本を忘れてしまった。

会社に着いて話を聞くと、今更慌ててもどうしようもないこと。
先方に電話をして、とりあえず話は連休明けにということになった。
出際にバタバタしたけど、そこから出発。

会社からでも一本乗り換えるだけで行けるから、
行くのは楽だ。
電車を乗り間違えなければね。
電車は行楽やら、お出かけの人たちで混んでいる。
一年前の記憶を辿りつつ、無事に乗り換えて目的地の駅に着く。
お天気がいいし、車窓から見える新緑に彩られた景色が新鮮。
うちの方は、普段は街路樹しか見えないからねえ。

改札を出て、はたと気づく。
出口が二つある。
携帯で電話をして、どっちか聞いてみる。
でも、知り合いは車で出かけるらしく、
○○方面を背にして、左側に出ろと
イマイチわからない返事を貰う。
仕方ない。改札のお兄さんに聞いてみる。
それで、やっと判明。
そこからはテクシーではなくで。
最後はこの辺ですよと言われ、降りる羽目になった。
この辺って言われても、同じようなうちばかりでわかんないよ。
最後は住所を頼りに、何とかたどり着いた。
やれやれ。

挨拶をして、部屋に上げてもらう。
一度会ったことがある息子さんも帰ってきていて、
奥さんは何気に忙しそう。
私が持って行った柏餅でお茶を頂く。
他にも奥さんがいろいろ出してくれる。
「食べに来たのではないから、座って下さい」
と言っても、ちょっと座ってはまた台所へ行ってしまう。
やはり座ってのんびりなんて滅多にしなかった、
うちの母をふと思い出してしまう。

私が好物の芋焼酎を持っていったので、
休みの日だしと、早速親子で酒盛りが始まる。
私も勧められたが、治療中だからと断る。
でも、おいしそうだ。
少しの間、焼酎からお酒全般の話になる。
それから、テレビを見たり、その話で盛り上がったり。
また食べ物や飲み物が出てきて、食べたり飲んだり。
よそのお宅なのに、実家にいるように寛いでいる私って。。。
でも、正直なところ、弟のうちにいるよりも
ずっとここの方がのんびり出来るの。

私は特に犬好きってわけでもないし、
周りに犬を飼っている人もいない。
だけど、何故かメイちゃんに好かれたみたい。
ソファの上まで上がってきて、挨拶してくれた。
息子さんが、オレには全然なつかないのに、といじけてしまった。
「お前はたまにしか来ないからだ」
「でも、ナナ(ニャンコです)もオレには素っ気無いし」
「メイより、人間の女の子にモテた方がいいだろ」
「そうよ、そろそろ貴方もお相手を見つけたほうがいい頃よ」
と奥さんもいつの間にか参加。
メイちゃんも、そうだとばかりに吠えている。
「いいよ、俺、下に行って仕度してるよ」
あーあ、いじけ虫になっちゃった。。。

夕方から庭に出て、焼肉大会。
のはずだったんだけど、皆そこそこ食べて飲んでいたから、
そんなにお腹が空いていない。
でも、肉や野菜を焼き始めたら、いいにおい。
私は小さい肉を二切れだけ頂いた。
あとは野菜を食べてた。
肉は柔らかくておいしかった。
野菜も塩だけでもとってもおいしい。
おしゃべりしながら食べてるとどんどん入るのが不思議。
メイちゃんもやってきて、肉の端っこをもらっている。
ナナちゃんはガラス越しに見てる。
飼うのは多分無理だけど、生き物が身近にいてくれる暮らしもいいかも。
と、思った。
〆は知り合いのYさん特製のガーリックチャーハン。
おいしくて、また食べ過ぎちゃった(^^;

昨日は風が強かったので、寒くなって家に入った。
それからまた、私はお茶、二人はおちゃけ、奥さんはたまにビールで、
テレビを見ながらあれこれおしゃべり。
そろそろ失礼しようと思ったら、
奥さんが苺を出してくれた。
一つ頂いて、タクシーを呼んでもらい、家路についた。

帰りの電車の中でも、楽しかったおしゃべりや料理を思い出して、
ついニヤニヤしてしまう。
遅かったから、電車が空いててよかったわ。
出だしがちょっとつまづいたけど
ホントに楽しい一日でした


スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/162-599d1eab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。