-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-22 15:07 | カテゴリ:乳癌
今、ちょっと時間が出来たので、
記憶の新しいうちに書いちゃいます。

題名は「タキソテール日記」にするつもりが、
直前で長すぎると「ドセ日記」に変更。
終わるまで、随時これは記録として書く予定。

昨日は通院日だった。
タキソテールの点滴をして1週間目が一番白血球が減るらしい。
ということで、その数値を調べに行った。
予約時間を30分勘違いしていて、かなり焦って家を出た。
それでひどい目に会ったのだが、まあそれは後で。

病院へぎりぎりに着いて、とりあえず受付を済ませる。
2分前だった
それから院内のコンビニに寄ってちょっと買い物をしてから、採血室へ行く。
受付を済ませれば、後は急ぐことはないから。
採血室で受付をして聞いてみたら、
私の専属?の技師さんがいた。
良かった。
でも、今回はこの人のゴッドハンドを以ってしても、
うまく行かなかった。
ゼローダも3,4カ月飲んじゃったし、
元々細くて深いところにある私の血管、益々扱いにくくなってるみたい。
血管が悪いわけじゃなくて、薬で苛めてるのが悪いんだよね。
ごめんね、と言いたくなる。
今回は手の甲から、必要量はゲットした。

採血をしながらも、私とこの技師さんは漫才を始める。
何かの話題から、「お互い、そんなに年が違わないんだからさ」
技師さん、「いえ、ワタシまだ20代ですから」
隣の席の技師さん「えっ、それはちょっとサバ読みすぎでしょ」
技師さん「だって、ばななさんが20代だって言ったじゃないですか」
ワタシ「いや、それは私の友達で、ワタシは32才なの!」
全員「・・・」
隣の技師さん「でも、若いっていいわよね」と必死でフォロー。
それから、血管の話から、先週の採血の時の話になった。
反対隣の技師さん「はい、先週やったのワタシです」
ワタシ「えっ、髪型違うし、わからなかったわ」
反対隣の若い技師さん「はい、やらせて頂きました」
ワタシ「すごく思い切りがいいから、育つと腕のいい職人?になるんじゃない」
採血中のワタシ担当のSさん「ええ、私がなき後はぜひ・・・」
「そんな、まだ死ぬような年じゃないのに」
再び、隣の技師さん「いいえ、この人結構なトシなんですよ 笑」

私も含め、4人とも女でたまたま患者さんがいなかったことが最大の理由だろうけど、
こんなに盛り上がって、笑いの中で行われた採血は私でも初めてだ。
私が行くところ、何故か会話がおかしくなる、ような気がする。
まあ、いいよね。
誰も気分を害してないし。

さて、診察はまたいつになるのだろう、
また、待つんだろうなあと思っていたら、
以外に早く呼ばれた。
と言っても、二時間近く待ったけどね。
理由は、いつもの忙しい主治医ではなかったから、だった。
中待ちに入り、問診票を書いている内に呼ばれる。
入ったら、若い女の先生だった。
白血球はそんなに下がらなかったらしい。
2,400位だった。
もっとすごーく下がっていたら、あの注射をすることになったかも。
このくらいなら大丈夫ですね、と言われホッとした。

副作用は?と聞かれ、
味覚障害と、まだ公表?しなかったけど、
今回実はひどいべ○ピになったことを話した。
早速、酸化マグネシウムを処方された。
私は普段は、腸は割合に丈夫な方で、こんなにひどいのは珍しい。
前回のCAFでは、出なかった副作用だ。
それから、火曜日の晩から、喉と鼻がちょっと変なの。
風邪じゃないけど、痰がからんだり、鼻水が出たりしてる。
そんなことを話したら、まだ次の日も白血球が下がるかもしれないと言われた。
そうか、まだ下がるかもしれないんだ。
これ以上、いろいろ出ないといいな。

終わってから看護婦さんにべ○ピの話をしたら、
たぶん抗がん剤ではなく、吐き気止めの点滴のせいではないかとのこと。
胃腸の働きを止めてしまうんだろうね。
上からでない代わり、普通にも。。。(T_T)
いや、二回目のせいか微妙にいろいろ出て来ますねえ。

今日も鼻と喉はおかしいし、味覚障害も続いている。
食事がちょっと味気なくて、悲しい。
髪の毛は、今のところ無事です 笑

その後、一応抜ける前に買っておこうと、
5階の売店に布の帽子みたいのを買いに行った。
先客がいて、やっと買えたら、支援センターからお呼びがかかった。
また急いでエレベーターに戻り、1階まで行って急いで診察室へ。
結局、やっぱり急ぐ羽目になった。
「どうですか?」と聞かれ、
さっき話したことを繰り返す。
鼻と喉は、多分粘膜が傷つけられたせいだろうという話。
抗がん剤は、粘膜も傷つけるそうですわ。
これで今日の診察は終わり。
お腹が空いたので、ご飯を食べてから帰った。

今回は発熱というすごい副作用がなかった代わり、
チビチビといろんな症状が出てきた。
これは仕方ないんだろうけど、
治療を拒否するほどのことではないけど、
でも、できたら何も出て欲しくないんだけどなあ。。。

以上、報告及びグチでした。



2010041918490001.jpg
ちょっと見つけた、深紅のミニカーネーションと小さい花 爆
私は、カーネーションはピンクの方が好き。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/156-ce62b30d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。