-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-23 00:28 | カテゴリ:日々のこと
今日は仕事の日。
お弁当の夕食を食べて、皆でちょっとのんびりしていた。
私が始めたのかな、夕べ見たテレビの話。
ある意味、専門技術を持つ看護婦さんたちの話だった。
障害を持って生まれたわが子を中々受け入れられない両親とか、
事故で腕を切断しそうになってる若い男の人とか、
心のケアというのか、そういう仕事を専門にやっている看護婦さんたち。
看護婦さんに性差別はいかん、と男の人も看護婦さんになれるはず、
以前、そんな話が出た気がするけど、
産科はやっぱり男性の看護婦さんでは難しいのでは、
とこれを見ながら思った。

そんな話から、何故か話は新型インフルの話へ。
私の友達の娘さんが、去年の冬に掛かったそうだ。
タ○フルを飲んで二階から飛び降りてしまった子供たちのことが
一昨年だったか、問題になったが、
その娘さんも、飲んだら頭がぼおっとしたそうだ。
治った頃に、今度はその友人が熱っぽい。
余ったタ○フルを一錠飲んだら、友達は一晩で治ってしまった。
頭は何ともなかった。
「やっぱり、あれは若い子しか副作用が出ないんだね」

そんなことを話していたら、父が、
「肝硬変の話?」
私ともう一人は、一瞬唖然。
肝硬変て、何で新型インフルがそうなるのか?
どうやったらそんな風に聞き間違えられるのか?
二人とも大爆笑。

しんがたいんふる→かんこうへん

「が」と「か」が似てるかな。。。 ビミョウ。。。

その後、話は緑内障のことに移った。
何で病気の話ばかりしてたのかしらん?
緑内障というのは、どんどん視野が狭くなる目の病気らしい。
でも、その前に、また父が、
「緑内障っていうのは、物が緑色に見えるのかい?」
ここで私はツボにはまった。
笑いが止まらない。
全て緑色に見えるって、想像するだけでおかし過ぎ。
笑いが止まりそうになるけど、
発作はなかなか収まらない。
机の上に顔を伏せて笑っていたのだけど、段々腰に力が入らなくなった。
もうダメだ。
おかしくて腰が抜けそう。
私は座っていた椅子から、床の上に座り込んだ。
「あーあ、はまっちゃったよ」
「バカだね、あれは」
何と言われても、ここまで来たらもうダメだ。
床で三分位笑い続けて、やっと収まった。
(今、これを書きながら、また思い出し笑いをしているワタシ 爆)
大体、お父さん、貴方があんなおかしなことを言うから
私が笑いの発作に襲われたんじゃないの!

そして、話はまた変わり、桜餅の話に。
「オレ、昨日一つ350円の桜餅、貰って食べたんだ。
やっぱりうまかった」
「一つ、350円なの?」
「そう、どこかのデパ地下の店で売ってるらしいよ。
桜の葉の塩加減が、甘い餅と合ってすごくうまい」
「へえ、長○寺の桜餅だって、もう少し安いけど」
「皮が薄く焼いたのじゃなくて、道明寺なんだよ」
いや、正確にはそういわなかった。
「道明寺」というところを間違えて「長○寺」と言ってしまった。
桜餅の中身が、お寺だなんて!
ここでまた大爆笑

因みに、「長○寺」というのは、少し離れたところにあるお寺の名前です。
その近くにあるお店の桜餅は、この辺ではちょっと有名なの。

今夜は本当に良く笑った。
明日は腹筋がかなり痛いかもしれない。。。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/144-f56b1470
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。