-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-16 19:19 | カテゴリ:お楽しみ
一昨日から、幼なじみの一人が里帰りをしている。
ここから離れた土地の人と結婚して、
それ以来ずっとそこで暮らしている。
久しぶりに帰ってくるというので、
私ともう一人と三人で会うことになった。
日にちが中々決まらず、結局昨日になった。

昨日は定時で帰れるはずが、帰り間際に電話が入り、
やっぱりちょっと遅れた。
お店は、やはり小学校の同級生の男子がやっているとこ。
徒歩で行ける、近所のお店です。
まあ、居酒屋さんというか、割烹というか、そんなとこ。
私は、何度か食べに行ったことがあった。
里帰りした友達は初めて。
えっ、小学校1、2年生の時に同じクラスだったのじゃん!
でも、記憶がないという。
まあ、それはいいとして、もう一人が、
一昨年だったか、久しぶりにあった同窓会の集合写真を持ってきた。
ただ、大きな写真ではなくて、スナップ写真サイズ。
去年クラス会の時に、幹事の子がくれたのだと。
ほとんどは卒業以来だから、見てもすぐにはわからない。
それに写真が小さいから、余計に顔がわからない。
かなり底の方に埋もれた記憶を掘り起こす←しばし遠い目。。。




近所で見つけた春らしい花。
ビオラっていう花かしら?
青いのもあった。
携帯なので、かなりボケボケです。

写真を見ながら、これが何とかクンで、その隣は何とかチャンでしょ。
えっ、そんな子いた?
ああ、その子は覚えてる。
じゃあ、こっちの子は誰?
それは、わたしもわからないの。
かなり昔のことだんもんねえ。。。

おばさん3人の会話はそこから入った。
そこへ別のお客さんが入ってきた。
たぶん同世代のやっぱり女の人たち。
「ねえ、○○クン←店の主人=同級生、△△クン←さっき話していた同級生と同じ名前、いや、あだ名、
最近来ない?」
私たちは、一瞬ギクッ!
三人でこそこそ、「ねえ、あの人たち、同級生かな?」
「うーん、わからない、覚えてない」
これはそこでひとまず打ち切り。
でも、ちょっと気になってる。

で、また、写真にもどる。
あっ、言い忘れたけど、私たちはすでに飲み物と料理を頼んでいた。
私は、梅酒サワーをちびちび、あとの二人はウーロンハイ←完璧おじさんだよ!
ピッチが早いから、私が一センチ飲んだ辺りで二人ともおかわり。
早っ!
「クラス会は誰が来たの?」
「○クン、鰻やの×クン、あと△ちゃん、○クンはあんまり変わってなかったよ」
「そうそう、ほら、この隅の子(写真を見ながら)、がHクンなんだわ」
「あっ、生徒会やってたよね?」
「そうそう、この間は白髪頭のおじさんだったよ」
「へえ、そうなの」
写真にはたぶん40~50人写っていて、判明したのは三分の二くらい。
あとは誰だか全然わからない。。。

それから、徐々に子供の話やら、家族の話やら。。。
それから二人とも、ダンナが東北出身で共通項で盛り上がっていた。
で、また昔の話に戻る。
今回里帰りした子は、幼稚園辺りからの付き合いだし、
もう一人も小学校に入学以来だから、
話は全く尽きない。
私は、話のタネに?一度は結婚した方がいいと言われ、
で、別れたら、またその話で盛り上がれるじゃん!
って、何で話題提供のために結婚離婚をしなくちゃならんのか?
でも、二人は結婚生活の煩わしさを嘆き、特にダンナとか、ダンナの両親とか、
私は、一人暮らしの気楽さを強調する。
ただ、病気で寝込んだりした時はちょっと大変だけど、
とは言っておいた。
正月にしみじみ味わったからね。
とれから、背中にサ○ン○スみたいのを貼りたい時、どれだけ大変か、とか。
最近は、湿布を貼る道具があるらしい。
とにかく、たまにしか会わないから話が尽きない。
現代と子供の頃を行ったり来たり。
それと、亡くなった同級生の話とか。
去年も一人亡くなったの。
聞いた時はかなり驚いた。

今回里帰りした子は、都会からかなり離れた田んぼの真ん中に住んでいる。
一度遊びに行ったことがあるのだが、
とにかく広いお宅だった。
この辺じゃ、この位は当然なの。
まあ、そうだろね。
その時に言われた。
この辺なら、数百万で家が一軒買えるよ。
こっちへ引っ越しておいでよ。
いや、急にそんなこと言われても。。。
なら、老後用に買っておいたら?
私が運転して、買い物でもどこでも連れて行ってあげるから。
うーーーん、考えとく。
今回もこの話が出て、そしたらもう一人もダンナが先に行ったら、
そこに一緒に住むという。
いや、キャサリンがちょっと暴れてるし、(突然現実がよぎる)
老後の心配が必要かどうか、わからないし。。。
「前向きに検討します」とどこかの国会みたいな返事をしておいた。
今回、また転移が見つかったことは、あまり周りに話していない。
まだ自覚症状がないし、抗がん剤の副作用も出てないし、
言えば、座がちょっと重くなるのはわかるから、
あんまり言わないことにしてる。
というわけで、転移発覚以来やめていたアルコールも飲む羽目になったのだが。

アルコール、そう、お酒。
この二人はかなりイケルくち。
個々の店だけで、たぶん二人でウーロンハイ10ハイは飲んだと思う。
酔わないわけはないけど、ちゃんとしゃべってるし、
どんだけ強いんだ、この二人!?
それに煙草もスパスパと。
ここまで酒もたばこもやらない私ががんになって、
この二人はどうして何ともないのか?
かなり不思議だわ。
ま、世の中そんなもんかもね。

閉店時間になり、おあいそをしてもらう。
ここで初めて、店の主人の同級生のUクンと口を聞いた。
里帰り中のYちゃん、「私のこと覚えていないよね?」
「いや、覚えてるよ。」
「えっ、ワタシはUクンあんまり覚えていないのに。。。」と失礼な返事を。
それから、また同級生の話題でちょっと盛り上がり、
店を出たのはたぶん30分後だった。

この後、まだ続くのだが、
それはまた後で。
書くのがくたびれた。

スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/142-517e9f55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。