-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-26 16:52 | カテゴリ:お楽しみ
食事が終わり、飲み物以外全部片付けられて、
いよいよ始まり。

バンドの人たちが定位置について、
ま○さんが現れた。
今日は白の上着。
素敵!っていうほど本人の容姿にほれ込んでいるわけではないけど、
歌が好きなんだ、とにかく。
特に、ちょっと前までの歌。

ステージで最初の2曲を歌ったあと、
客席に降りてきた。
歌いながら一人一人と握手をするのがお決まりのこのディナーショー。
今年は去年よりお客さんが少なかった気がする。
席が割と楽だったし、何よりも二曲で握手が終了。
去年は二曲じゃ終わらなかったもん。
で、「どうせだれも聞いてないでしょ」なんていいながら、
「北の○から」をあ~あ~とやってたもん。
去年のことを忘れたけど、ま○さんが来る前に、
係りの人が来て、進路を決めてる。
それからその後ペットのお水を持った人がやってきて、
やっと本人登場!
ワタシ、思わず両手で握手してもらっちゃった(*^_^*)
もっと熱狂的な人は、花束渡したり、ハンカチを渡して汗を拭いてもらったり、
すごいなあとただ感心。
ステージへ戻りながら、
「ついこの間、道を歩いていて、壁で手の甲をこすって、
その傷がやっと治ってきたんですよ」
「ふーん」と聞いている。
「その治りかけの傷を、今思いっきり握られました」
場内爆笑。
つかむのうまいなあ。

そういえば、握手でまわってた時、
例のローストビーフ二枚の隣のおばさんに聞かれた。
「あら、ファンなの?」
ファンじゃなければ、大枚はたいてこんなとこに来ないだろうが!
(あなたと違って)私は、食事は二の次なんだから。
何を考えているんだか、このおばさん。

さて、またステージにもどって歌に行くかと思いきや、
ファンが一番楽しみにしているトークが始まる。
ソ○トバンクのCMの裏話とか、
何故か名誉会長になった故郷の長崎のお祭りの前に起こった、
思いっきり笑える事件とか。。。
ツボにはまる癖のある私は、こんなとこでやったら大変と堪えるのにひと苦労。
それでも、自分の膝の腕で少し笑ってた。

今年は何を歌ってくれたんだっけ。
あの例のCМの長い歌をフルコーラスで聞けた。
聞きながら笑い転げてる私。
それから、「黄昏迄」もよかった。
そして、大好きな「おむすびクリスマス」という歌。
全部、昭和の歌ですねえ。

そして、時間になり、
「来年も元気でお会いしましょう」と言いながら、手を振りながら、
ま○さんもバンドのメンバーも引き揚げた。
客席では拍手が続いている、終わらない、
そして「アンコール」希望の手拍子に変わる。
普通のま○さんのコンサートでは、アンコールが二度、三度は当たり前。
で、初めてこのホテルでディナーショーをやった時も、
本人もファンも当然のこととしてアンコールの曲を楽しんだらしい。
びっくりしたのはホテルで、でも、許してくれて、
一度のアンコールまでは歌ってくれる。
因みにこれは私が聞いた話で、本当はどうだったかわからない。
最後の最後の歌が終わって、時計を見たら11時だった。
歌が始まったのは9時半、コンサートを思えばかなり短い。
でも、11時だからね。
お隣の人と挨拶をして、来年また会いましょうねと言って別れた。

本当は、出来たら、一晩泊ってもう少し夢の世界に浸っていたいのだけど、
お泊り料は、ディナーショーにきた人には安めに設定してあるけど、
次の日は仕事だし、服を着替えに家に戻って、
それから会社にというと、忙しすぎ。
諦めてうちへ帰る。

いやー、楽しかった、夢のような夜だった。
来年も、出来たら行きたいな。
行けるかな~。

がんばろっとp(^^)q
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/127-8ca36b2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。