-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-25 01:01 | カテゴリ:乳癌
というのは、大げさですが、
やってきました、ストロンチウムの注射。
午後3時の予約で、説明があるから10分前に来てね、
ということだった。
余裕をみて、1時半頃出ようかなと思っていたら、
思わぬお客様が。。。

前以て連絡はあったんだけど、
1ヶ月以上前だったので忘れてた。
1時前に税理士さんが来ました。
「あれ、今日はお近くにいらしたんですか」
と、何ともとぼけた質問をした私。
「だって、連絡があったじゃない。この間」
1秒間、すごいスピードで頭がフル回転
あっ、思い出した!
税務署の人がちょっと来ると言ってたっけ。
通院と重なってしまうとは。。。
でも、午後から来るっていうのは、大した調査ではないはず。
早く終わるといいなあ。
それにしても、何の話だろ?
やだな、税務署って。

1時過ぎに現れた人は、そんなに嫌な感じじゃない。
いつもの通り、名刺を交換して、それからしばらく雑談。
普段はこれでちょっとくつろぐんだけど、
今日はちょっと違う。
早く聞くこと聞いて、早く終わらせてくれ~。
やっと本題に入った。
うちは脱税できるほど、売り上げないし。
途中で同業者の話なんかも出て、
景気がこんな状態なので、なんて言い訳?したり。
ホントに重箱の隅っこを爪楊枝であちこちつついた感じ。
それでも、税金を少し払うことになったみたい。
見解の相違ということで。
税収が減ってるから、税務署も大変だななんて、
一瞬同情したり。。。
いや、いかん、同情してる場合じゃない!
また出費が増えた。
弱いものいじめしないで、大きな会社を調べてよ!
税務署さん、1時間ちょっとで帰ってくれた。

私は、即効病院へ電話を入れる。
3時半までに来られればOKということで、やれやれ。
それから税理士さんとちょっと反省会をして、私は病院へ。

やっと本題に入ります。
地下鉄とさんを乗り継いで、3時20分頃到着。
急いで受付して、指定の部屋へ行く。
受付のお姉さんは親切だった。
待合室で少し待って、そしたら説明係りの先生がやってきた。
大体のことは放射線科の主治医から聞いていたkど、
もう一度、いくつか質問。
顔がね、のんびりしていて聞きやすかったの 爆
それから、同意書も渡す。

同意書には、しっかり説明を受け、ちゃんと理解したと書いてあるけど、
ちゃんと理解したかというと、そうでもない。
痛みが無くなる、という言葉に釣られてやることにしたんだし。
でも、何か問題があったらこれが物を言うのかな。
こういう書類の誕生の理由は、医者が悪いのか患者に変な人がいるのか。。。
多分、どっちにも変なのがいるんだろうねえ。
私の主治医の○○先生も、どうかと思うところがあるし。
私にとって精神的な主治医は、いい加減なボスだから何とかなってるわけ。

とにかく、のんびり顔の先生がまた説明してくれた。
まあ、ここまで来たら仕方ないよね。
それに、痛みが消えるのは嬉しいし。
ただ、懐具合がかなり寂しくなるんだよねえ。
説明の次は体重測定。
薬の量を決めるらしい。
体重を知られるのは嫌だけど、治療のためじゃしょうがない。
体重は、よかった、大台には乗ってなかった。
いよいよ、注射をします。
血管が出にくい私は、できたらやりたくない静脈注射だーーー!
左側を手術してるからできたら右腕でやってほしいけど、
下手な看護婦さんたちに散々失敗されている過去の経験に基づき、
両腕を出して、「やりやすい所に刺して下さい」
ちなみに、注射をするのは若い気の弱そうな先生?だった。
だから、好きにやらせてあげるのが失敗の確立を最小限にする方法だと思ったの。
そのセンセ?が選んだのは一番楽な左手の甲。
痛いけど、失敗されるよりはいいからね。

注射は細くて短いの。
なんだ、これだけなんだ、と思ったら大きな間違いだった。
それは針を刺すだけのもの、
針が無事に入ると、太い注射器に変える。
それで、もう1種類何かを足しながら少しずつ液を入れて行く。
「途中で身体が熱くなるかもしれません」
といわれてすぐに、ホントに身体が熱くなってきた。
注射は3分くらいで終了。
待合室のソファで少し休んでいた。
とりあえず、何の変化もなし。
とうとう私は放射性物質になってしまった。。。

5分くらい経って、のんびり顔の先生がやってきた。
液がちゃんと入ったかどうか、テストをします。
「1+1は?」
という質問をされたわけではなく、
ガイガーカウンターみたいな機械で放射能の量を測った。
そこで面白かったのが、私がその機械をしげしげと見ていたら、
「実はこれは違う機械なんです」
「そうなんですか?」
「ただ今、本当の機械が故障で修理中なんです」
「なるほど」
「でも、これでも十分大丈夫です」
隣にいた若いセンセが、
「えっ、そんなことまで話しちゃっていいんですか?」と
驚いている。
思わず噴出しそうになってしまった。

それから精算をして、急いで会社に戻った。
今日も夜まで仕事だったの。
今日も忙しい一日でした。
でも、新しい経験もして、面白い先生たちにも会えて、
ちょっと楽しかった。

副作用があまり出ませんように。
ちゃんと効いて、痛みがなくなりますように。
神様、お願いします。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/120-553b59a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。