-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-05 19:57 | カテゴリ:日々のこと
私の家は、一応一戸建てです。
築数十年の古家が気に入って住んでる。
以前の持ち主が仕事をしてたこともあって、
一階は倉庫になってるの。
で、私の住まいは2階。

日にちが前後するけど、
歌舞伎へ行く前の晩、私はお風呂に入る支度をしてた。
バスタオルとかパジャマを出してたの。
夜の11時半近くでした。
そしたら、インターホンが鳴った。
3度か4度。
でも、夜遅いから、居留守を決め込むことにした。
だって、一人住まいだし、怖いから。

インターホンが止んだら、
「すいませーん」という女の人の声がする。
何度も何度も繰り返し呼んでいる。
でも、こんな時間に誰かが訪ねて来る予定はない。
私は怖くなって、二階の部屋で固まってた。
女の人だって、最近はよくわからないからね。
段々、その声が近づいてくる。
でも、シャッター閉めてたのに。。。
と思って思い出した。
うちの玄関、というか、入口はシャッターなの。
もとの住人の仕事の関係で。

例の、半分居候みたいな人に他の住まいを探してくれるように話した。
そしたら、荷物を取りに来ると言って、その晩来ることになっていた。
私は早くお風呂に入りたかったから、
シャッターの鍵だけ開けておくと言って、開けたんだ。
でも、外見は閉まってるシャッター開けて入って来るだろうか?

声がどんどん近付くから、部屋の中で武器になりそうなものを探し始めた。
でも、見まわしてもこれと言ったものがない。
どうしよう、怖い。
出て見ればいいんだろうけど、その時はただ怖くて動けなかった。
とうとう階段を上がってきた!
その人は、知り合いと言えばそうだけど、
もう何年も会っていない、私がたまーーーに付き合いで行く、
カラオケスナックの女の子だった。
と言っても、もう30代だろうけど。
その人は二年位前に店を辞めたと言っていたから、
私はしばらく会っていなかった。
そういえば、前に聞かれて家の場所を教えたことがあったっけ。

私はたぶん、すごい形相だったのだろう。
か細い声で話しかけてきた。
名乗られて、用件がわかっても、話なんてする気にならない。
「今日は帰って!」
「警察呼びますよ!」
と言ったら、やっと帰った。

私は、ちょっと安心したけど、でもまだ怖くて、
少し経ってから、下へ行った。
そしたら何と、シャッターが上まで空きっぱなし。
不用心だろうが!
シャッターを下ろして、それからお風呂に入ってやっと人心地。
例の人は私の入浴中に荷物を引き揚げていた。
髪をタオルで巻いたまま、即鍵を閉めた。

ドライヤーで髪を乾かしながら、私の怒りは収まらない。
何で、何で、鍵が開いてたからっていって、
夜中に他人のうちへ入って来るわけ?
信じられないよ。
床についてもまだイライラしてて、
本を読んだり、いろいろやって、やっと三時過ぎに眠れた。

私が不用心過ぎる?
でも、普通シャッターが開いてるかどうかなんて見ないよね。
これからは、絶対にぜったいにずぇったいに!
どこの鍵であれ、閉めるようにします。

書いてる内に、またちょっと怒りがぶり返してきた。

まったくもう!


065.jpg

この間作った、おでん。
何人分???(*^_^*)
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://bananacake7021.blog17.fc2.com/tb.php/116-740c5491
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。