-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-22 16:30 | カテゴリ:乳癌
一昨日は診察が二つだけ。
でも、朝はやっぱり早いし、待ち時間も相変わらず長い。

まず、乳腺で抗がん剤の副作用の確認。
この間も書いたけど、今のところは特になし。
二か月位出なければ、このままいけるかもしれないという話。
「では、このまま続けてください」
そう言われて、もうおしまいですよ、という雰囲気が。
まあ、今のところそれ以上聞くこともないから、
席を立った。

二時間待って、それだけって、ちょっとねえと思うけど、
まあ、副作用で辛くてどうしましょ?よりはいいかもしれない。
終わってから、中待ちで次の予約票を貰うのを待っていたら、
隣に座っていた人から話しかけられた。
その人は、他の病院で手術をして、再発してからここの病院に紹介されてきたらしい。
自分の状態を知ろうとする気がまったくないみたい。
ここの病院に来た時も、私と同じ主治医から、
「少しでも長く生きられるようにします」
とだけ言われたらしい。
だから、抗がん剤が終わって、もう次の抗がん剤に変わるのだそうだ。

この辺に転移があるの、と胸の辺りを触るから、
「肺ですか?」と聞いたら、
「よくわからないのよ。」
腫瘍マーカーのことも全くわからないという。
わかろうとしないとしか思えない。
主治医に聞けなくても、看護婦さんに聞くとか
知ろうと思えば、いくらでも方法はあるもの。
でも、それは個人個人の考えだから、私がどうこう言えることではない。
私は、自分の状態をできる限り把握していたいけど、
それは私の考え方だからね。

昨日も予約時間を一時間間違えたとか言ってたし、
何となくのんびり屋さんなのかな。
だから、たぶん私よりも厳しい状態に思えるけど、
悲壮感は漂ってこない。
それはそれでいいのかもしれない。
がんになっても、いろんな人がいるんだなあと思った。
でも、もちろん、その人の胸の内は見えないから、
本当はとっても辛いのかもしれないし。

それからまたしばらく待って、
ホントにここの病院どこへ行っても待たされるから、
待つのに慣れちゃったけど、やっぱり疲れる。
前の席の人が座ったまま軽い体操をしていた。
で、まだしばらくは呼ばれないだろうから、
コンビニにお昼を買いに行って、新聞を読みながら食べる。
昨日は日航の記事が多い。
これからあの会社はどうなるんだろう?
いろいろ話を聞いてると、日航だけが悪いわけではないようだし、
でも、いい時代は長く続いていたようだし、
どちらにしても、大変だわね。

そんなことを思いつつお昼を食べ終わって、
また診察室の近くに戻る。
やっと呼ばれたのは二時過ぎ。
骨のマーカーが下がったのに、
私は痛みの程度が前と変わらないと言ったので、
ちょっと気に入らない感じだった。
私が痛いというところを見て、
ここは体重が一番かかるから仕方ないね、って。
まあ、我慢できる範囲だから、私も文句は言いません。

帰る前に、整形に入院していた時の知り合いと偶然に会った。
私はたぶんあまり変わっていないようで、すぐに気がついてくれたけど、
向こうは髪型が変わってしまって、初めは全然わからなかった。
名前を言われて、やっとわかった。
私は、もう治って元気にしているのだと思っていたのだが、
毎年再発を繰り返しているらしい。
主治医にも、一年単位で考えてほしいと言われているとか。
行けるところまで行ければいいよね、なんて、
悟ったようなことを言って別れた。
でも、その人は結構楽しんでいるようだった。

行けるところまで行ければいい、というのは前から思っていること。
でも、辛さが少なければ、やっぱりもっと生きたいと思っているのも正直な気持ち。
生きたいというのは、生き物の本能なのかな。
自分の気持ちを客観的に見てしまう自分てどうなんだろ。
ホントは泣き叫びたい時もあるけど、
それは一人でなんとかやり過ごしてしまう。
たまーーに、部屋で一人で叫ぶ時もあるけど。。。
いろいろ考えつつ、迷いつつ、
でも、なかなか思い通りに行かなくて、
病気以外のことも含めて、自分がどうしたいのかよくわからなくなってる、
今日このごろ、です。

最後、重い話になってごめんなさい。

でもね、今のところ副作用が出てないだけ、幸せなんだろね(*^_^*)
スポンサーサイト
2010-01-17 14:10 | カテゴリ:未分類
痛みはもうひきました。
仕事にも行き始めました。
ご心配を頂き、ありがとうございました。
身体は、とりあえず大丈夫です。

昨日、今日は忙しくなかったので、仕事はお休みした。
で、昨日今日とまた家にいます。
元々痛い、腰の痛みが戻ってきたの。
あの激痛の最中は、腰の痛みは消えてたのに。
それだけ、他のところが痛かったんだろうね。
日の暮れるのが遅くなったけど、
散歩に行きたいというほど、暖かくはないし、
腰も痛いし、ということで出不精になってます。
今までなら、二日お休みがあったら映画とか買い物とか、
出かけちゃうと思うけど。
今日は、まだその気にならない。

でも、早寝早起き、前よりね、
はずっと続けてます。
ゼローダの飲まなくちゃならないから。
もう飲み始めて十日くらい経つけど、
今のところは副作用もあんまり出てない。
ただ、親指の爪に前から線が一本あったんだけど、
それが、ちょっと色が濃くなったような。。。
でも、気のせいかもしれない。
まあ、そのくらいでよかったと思ってます。
段々、飲んでると出てくるのかもしれないけど、
それが不安だけど。。。
ハンドクリームをつけたり、とりあえず出来る範囲で自己防衛。

で、うちでテレビつけっぱなしなの。
こんなに毎日見てるのは、かなり久しぶり。
何かしながらが多いから、ずっと見てるわけでもないけど。
それで、ドラマを見ても、若い俳優さんの名前が全然わからない。
夕べ見たN○Kの新しいドラマ、結構面白かった。
主役の俳優さんの名前を見て、
昔のプロレスラーに良く似てると思ったら、
(私はプロレス見ないけど、父が大好きだったの)
その人の息子さんだって。
お父さんの方は顔を良く知らないけど、
やっぱり似てるのかな。
もうそれだけ、時間が経っているんだなあって実感。
他のドラマとか見ても、若い人は全然知らない。
浦島太郎になった気分。

明日から、ちょっと忙しくなるから、今日はのんびりしよう。
夕飯にはポトフもどきを作る予定。
じゃがいも、玉ねぎ、人参があると、いろんなものが出来る。
それと、じゃがいも大好きだから。
ベーコンも買ってあるし、
寒い時は暖かいものが一番おいしい。
今年は、こうしてのんびりする時間を増やすよーーーー!

では、また。

2010-01-11 12:00 | カテゴリ:乳癌
お正月の4日間、動き回り過ぎたのかも知れない。
それに、一日置いて、一日仕事の通院もあったし。

7日になって、疲れで起き上がれなくなった。
仕事があったけど、休むことにしてうちで寝ていた。
8日は大事な仕事があったのだが、
身体、上半身が痛くてどうにもならない。
上半身の前も後ろも両脇も全部が痛い。
寝ていて、起き上がるのも一苦労。
でも、薬は飲まなくちゃならない。
その為には、何か食べなくちゃ。
冷蔵庫には暮れに買ったパターロールがあった。
それから勿論、お米や佃煮やちょっとした常備菜が何種類か。
それから缶詰や瓶詰め。
まあ、何とかなるだろう。

と、思ったのだが、甘かったかも。
うちは台所をのぞくと和室ばかり。
9日は起きられたけど、痛みは治まらない。
何をするのも大変。
ほんの少しの動きに筋肉が反応するのか
激痛が走る。
座っていて、立ち上がる時が大仕事。
寄りかかっている座椅子の背もたれを支えにして、
そこから障子を支えに、そのあとは家具を支えに台所まで歩く。
何ともなければ、1分掛からない狭い部屋なのに。
食事を持って来るのも大仕事。
どうしたら一番痛くないか、考えて持ってくるけど、
やっぱり激痛が走る。
言葉にならない、悲鳴のような声が何十回出たことか。
仕度が終わって座ると、痛みで息が荒くなっている。
食べ終わると、もうくたくた。
薬を飲んで、後はしばらく座椅子の背もたれに寄りかかる。
それでも痛いけど、なんて楽なんだろ。

私の状態を聞いた知り合いが食事の差し入れをすると言ってくれた。
でも、うちは一階は倉庫で、私の住まいは二階。
その知り合いは、鍵を持っていないから、二階へは来られない。
私のこの状態では、1階まで往復すると、
そのあと、また激痛に悩まされそう。
今はまだ並行移動だけにしよう。

これで、気分的にはお手上げ。
こんなに痛いのなら、もう死んだ方がマシかもなんて、
チラッと思う。
仕方ない、飲むのをためらっていたロキソニンを飲むことにする。
我慢していたわけではなくて、私が自分の状態を甘く見ていた。
一日二日大人しくしてれば治ると思ってたから。
今回は、どうもかなり身体を痛めつけてしまったらしい。
多分、元旦からの無理がたたったのかもしれない。
これは、かなりひどい肋間神経痛だろうと思う。
抗がん剤の副作用という可能性もあるけど、
それではない気がする。
完全に断定はできないけど、多分。。。
その晩は、私にしては眠りが浅く、何度か目が覚めかかったみたい。

ロキソニンは素晴らしく効いてくれた。
昨日はかなり楽になった。
そして、貰ってあったロキソニンの貼り薬も貼ってみた。
身体を少しひねらないと貼れないから、
これもあの激痛の最中は無理な動作だった。

そして、今日はパソコンを開けて、文章を書く気になれた。
痛みがひいてくるってすごい。
そして、激痛は生きる気力もそいでしまうことも実感。

一人暮らしで、癌患者をやってるのって結構大変だわ。
これからは自分の体力を過信しないで、
あんまり無理はしないよう、やって行こう。
そんなことを考えさせてくれた、ここ数日間でした。
私のことだから、治ったらまた何かやらかすかもしれないけれど。。。
こんなことを書いたら心配を掛けるだろうなと思ったのですが、
自分の控えとして書いておきます。
もう快方に向かっているので、大丈夫だと思います。

それから、コメントの返事が遅れててごめんなさい。
こんな状態だったものですから。
少し休んだら、あとで返事を書きます。

では、また。
2010-01-08 16:13 | カテゴリ:乳癌
6日は通院日だった。
松も取れない内から通院とは、トホホな感じ。

メニューは緩和ケアと支援センターと乳腺。
緩和の先生から、次回は家族と来るよう前回言われたので、
弟を付き合わせた。
乳腺の方が予約時間は早いし、その前に採血もある。
でも、絶対に!乳腺の診察は遅れるだろうとふんで、
緩和の方で弟と待ち合わせた。
緩和も予約時間通りではなくて、45分待った。
弟は時間通りに呼ばれないことに驚いていたけど、
大きな病院はこんなもんでしょ。
特に、ここの乳腺に通ってから、かなり気が長くなるわね。

緩和は、弟と顔あわせという感じ。
次回からはまた私独りでいいって。
そりゃ、そうだよね。
弟とはどうも性格が違うせいか、反りが合わない。
毎回弟と一緒の通院というのはあまり歓迎できなかったから、
一人でいいと言われて良かった。
で、間を置かず支援センターに呼ばれる。
ここも、弟との顔あわせで終わる。
今すぐに入院先を探す必要はないわけだから。

そこからまたしばらく待って、1時半頃にやっと乳腺に呼ばれた。
通院だけでも、体力がいるわ。
弟はここも行くというので、一緒に診察室へ。
乳腺の主治医とは初顔あわせだったらしい。
ここで、ざっと今までの経過を説明されて、
そして、ご丁寧に改めて、余命二年、早ければ半年の話を繰り返される。
まあ、それは医者としての義務だと思っているのかもしれないけど、
私が気に入らないのは、明るい話を全くしないこと。
抗がん剤の使える種類が減ってる。
でもさ、私、抗がん剤は今回が二種類目で、まだ他にもあるでしょ。
それから、抗がん剤や新しい治療法は日々開発中なわけで、
それが保健薬として承認されるのは先のこととしても、
ワクチンの研究だって行われている。
がんのいろいろな治療法が研究されているわけでしょ。
そういう話をして、だから、一緒に頑張りましょうね、とか、
そのくらいの励ましの言葉をくれてもバチは当たらないだろうが!
この主治医のこういう患者に対する後ろ向きな姿勢が気に入らないんだよね。

中待ちに戻って、看護婦さんがもってくる次回の診察予定の書類を待つ。
弟に、「あの先生、何となく苦手なんだ」というと、
「俺はそうでもない」って。
まあ、あんたならそういうだろうね。
あとはゾメタの点滴だけだから、
弟には帰ってもらった。
「俺も最後まで付き合う」とも言わず、
とっとと帰って行きました。
冷たいやつだ。
あんたには赤い血が流れていないのか!
と心の中で言ってみるけど、本人には届かないし、
多分、私の気持ちは通じないし。
変な家族にあたったと諦めますよ。

それから点滴の部屋へ書類を持って入った。
いつもは大きく「○時間待ちです」と書いてある紙が見付からない。
聞いてみたら、「ここです」と指されたところには、
な、何と「2-3時間待ち
ぎょぇーーーー!」
早く来ても、結局帰りはおんなじ時間じゃん。

そんなに待つならゆっくりご飯と食べようと、
院内のレストランへ。
カレーライスを頼んで、食べ終わってから紅茶で一服。
そしたら、レストランの人さんと会った。
何せ通院暦が長いから、ここの人たちとは顔見知りになってるの。
おめでとうの挨拶を交わして、もう食べ終わったから出ると言うと、
「そんなこといわないで、コーヒー奢るよ」
って↓をご馳走になってしまった

1262928722b.jpg

一口飲んでから撮ったので、汚くてごめんなさい。
クリームの上に掛かってる粉はシナモンです。


ところで、コーヒーを飲みながらぼんやり考えているうちに、
主治医の態度にも、弟の冷たい言葉にも段々腹が立ってきた。
ほんとに、何なんだ、あの言い方は!
こうなったら、意地でも2年以上元気で生きてやろうじゃないの。
仕事しながら、楽しく暮らそうじゃないの。
これは私の意地です。
頑張るぞ!エイ、エイ、オー!
(って、昭和に戻ってますねえ。ボソッ)

そして、点滴の部屋の前で、またじっと待つ。
普段は中待ちで待つことも多いけど、
今回は中待ちは人であふれてた。
売店で買った新聞も、持って言った本も読み終わって、
座ってるのも疲れてきて、ちょっと椅子の上に横になってみたり。
呼ばれた時はホントに3時間近く経ってた。
点滴は、たったの15分なのに。。。
やっと点滴の部屋に呼ばれて、椅子に座れた。
顔見知りの看護婦さんとまたおめでとうの挨拶。
「明日からゼローダを飲むことになったの。副作用が不安です」

そんな話をしながら、待っていたら、
やっと針刺しの先生がやってきた。
「今日の待ち時間、すごかったですね」と私。
「水曜日は二週間ぶりなのよ。昨日から始まったんだけど、
昨日は最後の患者さんが帰ったの9時だったとか、ねえ?」と側の看護婦さんに振る。
「そうなんです。お待たせしてすみません」と看護婦さん。
そうか、そうだったんだ。
それにしても、がんの治療に行って夜の九時に帰るって、
それって疲れに行ってるみたいじゃない?
9時はここの部屋を出た時間で、それから電車に乗るんだろうから、
その患者さん、一体何時に家に着いたのやら。。。
芝居を見に行ったわけじゃあるまいし、何かおかしくないですか~?
まあ、混んでるのは仕方ないんだから、
それなら、他の病院を変えたらって言われそうだけどさ。

点滴は針が刺さったら、いつも通り15分で終わった。
私は寝るヒマもなく、帰り仕度をして帰った。
帰りもかもめさんで。
もう、とっくに日の暮れてしまった夜景はきれいだけど、
やっぱりこんなに長く病院に滞在したくはない。
かもめさんから地下鉄に乗り換えて、うちへ帰った。

次の日から、朝晩薬を飲まなくてはならない。
これは身長×体重で量を決めるらしい。
私の場合は3錠で、それとピドキサールというビタミン剤を二錠。
副作用が手足の指とかに出るらしく、その予防ね。
で、一つ大きな?問題が。。。
何年も朝ごはんを抜いていた私には、朝食を取るのがまず問題。
旅館にでも行かないと朝ごはんは食べないし。
で、薬はある程度時間をあけて飲まなくてはならないから、
早起きのためには、夜更かしはできない。
神様のご意向か、たまたまそうなったのかわからないけど、
7時頃?起きて10時頃に寝る生活を始めてみよう。
ちゃんと出来るかどうか不安だけど、出来る範囲でやってみよう。
仕事の終わるのが遅い、というのが問題だけど、
それは周りの人に理解してもらって。
きゃー、何て健康的な生活かしら!
キャサリンが逃げ出してくれたら嬉しいな♪

ということで、がむばってみますばい(^^;
2010-01-07 19:03 | カテゴリ:日々のこと
もう七草になってしまいました。

遅くなりましたが、改めて、

明けましておめでとうございます。

皆様にとって良い年になりますようお祈りします




今年も、年明けから歩きまわってました。
去年と同じように、弟一家が来て、車で一緒に弟のうちへ移動して、
元旦はそこにお泊り。
二日は、知り合いが弟の住んでる沿線に引っ越したことをふと思い出し、
午後はそちらへお邪魔した。
ダンナさんには初めて会ったけど、とっても楽しい人で、
結婚してご主人と里帰りしていた娘さんにも会って、
初めて会ったのに最初から気が合ってしまって、
ずうずうしくも誘われるままに晩御飯まで居座ってしまった。
ずっと笑いっぱなしで、ホント楽しかった。

三日は私の恒例となった、七福神巡り。
最初に地元の氏神さまにお参りして、
そのあと、二時間くらいかけて七人の神様をお参りした。
これで、かなりくたびれて、この晩はご飯を食べて8時過ぎには寝てしまった。
10時過ぎに目が覚めたけど。

4日は○尾にお墓参りに行く日。
ただ、七福神参りでかなりくたびれてしまい、いけるか自信がなかった。
でも、早く寝たせいか、4日は7時に目が覚めた。
これは、来るように言われているんだろうな。
身支度をして、出かけた。
お墓は寒かった。
去年と同じで、花入れのお水が半分凍っている。
お水で溶かそうとしても溶けないから、
半分だけお花を入れてきた。
昼間溶けても、夜にはまた凍るんだろうな。
お花がちょっと可哀そう。
いろいろ祖父母や母に話しかけながらお墓を掃除してきた。
ひょっとしたら、二年後には私はここにいるのかも、
とちょっとだけ思って、何かすごく複雑な気分。
あの主治医、覚悟するようにと言ってるのかもしれないけど、
結構罪作りだよ。

家を早く出たから、このまま帰るとお昼には家に着く。
ここまで来て、このまま帰るのは勿体無い。
というこtで、お上りさんやってみました。
都庁の展望台へ上ってみたの。
富士山が見たかったけど、見えなかった。
私の見る方向が間違ったのかもしれないけどね。
でも、一応全部ぐるっと見たつもりなんだけどねえ。
ま、私のこと故こんなもんです。

帰りは○草へ出て、デパ地下でお寿司を買って帰った。
お昼は簡単にパンで済ませたし、
その後もかなり歩いたからお腹が空いてる。
でも、実家に着いたのは4時半ころ。
さすがに、夕食を食べるには早すぎでしょ。
5時まで待って、早々と晩御飯にしてしまった。
食べ終わって、お茶を飲みながらみかんを食べたりして、
そのうちに睡魔に襲われた。
どうしようもなく、ちょっとだけと横になった。
そのまま眠ってしまったようで、目が覚めたら8時!
勘違いされそうだから言うけど、夜の8時ですからね。
これは、入院中の消灯時間よりも早い!
父も寝てしまっていたので、一人でまたお茶をした。
それから布団に入ったのが10時頃。
すぐには寝られなかったけど、そのうち寝てしまったみたい。
目が覚めたら、朝だった
普段もこういう健康的な生活をすればいいんだよね。
まともな生活をするようにという、神様のお導きだろうか???

これでお正月休みは終わった。

昨日、6日は通院日だったけど、
その話はまたあとでね。

では、また


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。